ホームページのアクセス数を増やすには?

更新日:


《ホームページのアクセスを増やすには?》
これは多くの企業の方々が頭を抱えていらっしゃる課題だと思います。

解決法は、ズバリ!

目立つこと!!

これに尽きます。
目立てば、たくさんの人たちの興味を惹きつけられ、企業やサービスの信用力・価値が上がり、ホームページへのアクセス数が上がり、必然的に問い合わせが増え、売上は伸びます。

「かっこいいデザインで・・・」「SNSを使って・・・」「アプリを作って・・・」と、表面ばかりに捉われていませんか?
興味がない内容のかっこいいサイトと、興味がある内容のダサいサイトなら、あなたはどっちを見るでしょうか?

「〇〇をやっていきたい」「○○というサービスを展開したい」ということを、
世間に浸透させながらて、Webでの運用(HP・LP・SNS・アプリなど)にどうやって反映させていくか、を考える、という順序が正しいでしょう。

世間に浸透させるには、テレビや新聞、ラジオなどのメディアに取り上げてもらうのが一番ですね。
「ネット上でアクセス数をどんどん増やして有名になる」よりも、
「テレビで見たからネットで検索される」のほうが、はるかに正しいアプローチでしょう。

SEO対策やSNSを使ったプロモーションはやってて当たり前。
それをやりつつ、ターゲットの興味を惹きつけて、ネットで検索した時に、「その興味の答え」を用意してあげるのです。
そうすれば、アクセス数は上がり、そこからの売上は伸びるでしょう。

じゃあ、何をすればいいのか?ということになりますが、
「○○をやる」と決めたら、まずは行動することです。

「行動」とは具体的に何でしょう?
勉強会や商談会などのイベントを組んで実行したり、取材依頼を出したり、キャンペーンを行ったり、飛び込み営業を行ったり、アドバイスをもらうため誰かに会いに行ったり、コネクションを作ったり、チラシを撒いたり、、、、

それをやりながら、HPやSNSに反映させて拡散することが重要ではないでしょうか?(もちろん、モラルは守ってやらないといけませんが)

私たちWeb業者は、「裏技」を求められますが、Webマーケティングに裏技はありません。
(仮に、アクセス数を増やす「裏技」を行ったとしても、アクセス数だけ増えても意味がありますか?)

Webマーケティングは、

じっくりコトコトです。

Webは万能ですが、その反面、無能です。
Webだけの技術に捉われていても、お金と時間がもったいないだけです。

-IT/Webを理解し、商売に生かす!, 博多商人“TANAKA“のブログ

Copyright© 株式会社TANAKA|九州・福岡の中小零細企業のWebマーケティング・ブランディングと台湾・タイ進出はお任せください! , 2017 All Rights Reserved.