直向きに、実直に。

投稿日:

お世話になっております。
株式会社TANAKAの田中で御座います。

「こんなことがあって、こんな教訓を得た」的なことはあまり書きませんが(→なんとなく恥ずかしいので)、昨日のことは今後のためにもブログとして残しておきたいと思います。

昨日は、弊社の新たな取り組みに、ご意見を頂くために、創業前からお世話になっている、ある社長様のところへ行ってまいりました。

新たな取り組みとは、「ITやWebの知識とスキルを備えたスマートシニア経営者(https://smartsenior.tanaka.fish/)」を推奨し、ITやWebに詳しくないシニア経営者の方々をターゲットとした事業の展開プランです。

これは本当に良いと思い、自信がありました。
私にはIT・Webの知識とスキルがあり、弊社の現在の顧客の皆様のほとんどは、(失礼な言い方かもしれませんが・・・)ITやWebの知識に乏しい、60代以上の方が経営している会社です。
自社の実績と強みを生かすことができ、相手のニーズを満たす(お困りごとの問題解決をする)ことができる、切り口としてとても良い発想だと、自信がありました。

しかし、展開プランを話し、Webページとチラシを見せると、反応は想像していたものとは全く違うものでした。
その方が思うところを余すことなく仰っていただきました。

中でも印象に残った言葉は、


「上から目線になってはいけないし、相手に媚びてはいけない。それができているか。」

「シニア経営者を狙うという方向性は良いと思うが、競合はなぜそれができないと思うか。」
「主観に酔いすぎてはいけない。これを見た経営者は田中さんに仕事を依頼したくなるか。」
「難しくても客観視をし、いろんな人の意見を素直に取り入れなさい」
「田中さんが長けているところは、Web・ITの知識とスキル、たったそれだけである。」
「会社はまだ設立して1年ちょっとで、実績はないと行っても過言ではない。その会社にもっとも大切なものは何かを考えなさい。」
「この打ち出し方(スマートシニア経営者)で、田中さんの真心・直向きさ・実直さを伝えることができるか。」

もう、ぐうの音も出ませんでした。
上記の全てが、常々気をつけていたつもりになっていたことでした。
私のことを思って、わざわざ貴重なお時間を確保していただき、仰って頂いたことに本当に感謝いたしました。

直向きに、実直に。真心を込めて良きサービスを提供できるよう、
日々、精進して参ります。

株式会社TANAKA
田中諭

-博多商人“TANAKA“のブログ

Copyright© 株式会社TANAKA|九州・福岡の中小零細企業のWebマーケティング・ブランディングと台湾・タイ進出はお任せください! , 2017 All Rights Reserved.